読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16/8/28 AD新習志野/第1回メダル大会

f:id:boxhako:20160830220305j:plain

▲レンさん、撮影協力ありがとうございました(^_^)

 

先にツイッターでも報告しましたが、結果は優勝でした。

色々な要素が絡み合っての優勝でしたので、ブログで詳細を綴ろうと思います。

 

 

最初に、機種を選ぶ順番を決定する抽選がありました。

エントリーナンバー順での抽選で、ポンスケさんに続いて引いてみたところ、なんと出たのは1番。好きに機種を選べる状況…事前に「ハイドアンドシークかスキャッターズファンDXでマニアックに攻めたい」とか言ってたくせに、ここで優柔不断な性格が出て、BSZTJに座るという無難さ…。

 

座ってゴールドメダルを入れ始め、500クレジット入れたところで、「俺は本当にこの台で戦いたくてここに来たのか?」と自問自答があり、スタッフの方に「まだ移動できますか?」と聞いたところOKとのことだったので、電話エントリーの時に決めていた「アルティメイトDX」に移動。コンスタントに振り切り狙い、そしてメイン一発狙いで行くことにしました。

 

大会開始。

隣のアルチDXではペッパー氏がマックスベットで勝負中。私は「マックスでやるのも、なんかなぁ」と思い、64ベットで開始。中途半端なベット数の方が、何か出そうだし、写真撮った時にもちょっと面白いかな、とか思っての枚数です。

 

開始してすぐに5632枚の振り切りを達成してクレジットに余裕が出たので、77ベットを開始。ここでもマックスにはしません。お次は2000枚からのダブルダウンで、ジャックが揃って6000枚の振り切り。さらに同ベットで続行、さすがに振り切り挟んでるので飲まれ始めますが、振り切りチャンスでダブルを引いての15,360枚がヒット。これで一安心。さらにx3チャンスでのダブル1枚絡みの青7揃いで万枚獲得。ここからは時間的にも安心と踏んでマックスベットを開始。

 

「これなら入賞余裕、1位も狙えるだろう…」と内心思っていたのですが、ここでとんでもないことが起こります。パンっ!と手を叩く音と、「おおっ!」という声と共にアナウンスされたのは、なんとBSJWのダブルダウンで7万枚のトップライン当選。一気に血の気が引くのを感じました。

 

今回の大会は残りクレジット数の勝負ではありませんが、一発大きいのを出されると、かなりキツくなるルールであることに変わりありませんでした。ここで大きく引き離されたのを感じ、戦意喪失。残り30分くらいあったと思いますが、この時点で3万クレオーバーだったんだから、振り切り上限の高いマシンにすぐ移動できなかったのが反省点です。ペッパー氏と「これで残りは気楽に遊べるね…(苦笑)」などと、ダラダラと打ち続けてしまいました。

 

残り10分、ペッパー氏がMMJRに移動したのを機会に、私も最後の勝負に出ることにしました。ふらふらとBSZTJ、BSA、ボンバースピンが置いてあるゾーンに移動。ここで惹かれたのがボンバースピン。S.I氏がレッドドラゴンで暴れる前に叩き上げまくってたのが印象に残っていたことと、AD蕨でのJPの数々を思い出し、これで死ねるなら本望でしょう、とゴールドメダルを必死に投入しつつ、数千クレ入れてはマックスベット(100)で回して、当たりは全て叩いてました。

 

最初にあっさりとフリーに入り、ハットの4回でしたが、叩いてあっさり爆死。その後は万枚すら拝めず負け続ける展開で、残り1分、再びフリーゲーム。今度もまたまたハット。回数は…なんとも無慈悲な3回。こりゃダメだ…と呆然と眺めていたのですが、残り1回の時に上画面に爆弾が飛んで、残り8回に。内部的には10回だったんですね。この時点で結構テンション上がったんですが、最終的に出たハットは、なんとたったの2個!申し訳程度にセブンも揃って、9800枚の当選。

 

最後の勝負だ、と叩いて1回目は無難に勝利。2回目でディーラーにベル。「ここだけ、ここだけは勝たせてくれ…!」と声に出しつつ、センターを選んでBARで勝利。勢いで振り切りチャンスに挑戦。ここでディーラーのリールが巻き戻る変な挙動が!

 

ボンバースピンをやり込んでいる方なら既に理解したと思いますが、そうです。ここでまさかの展開。ディーラーに爆弾が飛び込んで、ブランクに。そしてセンターを選んでベルが舞い降り、78,400枚の振り切りを達成。これはさすがに唸りました。この大会という場と、この残り時間少ない勝負所で、こんな素晴らしい演出を出してくるかと。振り切り達成して感動してすぐに残り10秒のカウントが始まりましたからね。本当にギリギリだったんです。

 

他の方の見所としては、ポンスケさんがゴールデンフェニックスのダブルダウンで卵を引いたり(でもx1)、ジョーカーズトリプルでJOJOB7を揃えていたり、成恵氏がBSAで100ベットにした1ゲーム目でフリーゲームを引いて金カードを出したり、ペッパー氏がMMJRの1万振り切り設定に文句を言っていたりと(爆) 1時間という制限の割に、色々と盛り上がる展開はありましたね。

 

何よりもギョッとしたのは、FS/ZEXTでマルチWILD引きでの10万枚振り切りが出ていたことです。これもまさに「ここで出すか!?」という当たりでした。

 

そして結果発表。正直1位は厳しいか…と思っていたのですが、なんと1位でした。

アルチDXで万枚が何度か出て積み上げていたことと、何よりも最後での滑り込み、ボンバースピンでの振り切りが効いて、トータル119,192枚で1位だったようです。

 

2位がZEXTの人で、3位がBSJWでトップラインを出したレン氏でした。

予想外だったのが、ZEXTの人のJPエントリーが10万枚の当たりのみだったこと。他にも積み上げてたら負けてましたし、もしもスペボ絡みで20万枚になっていたら終了でしたし、レン氏がもう一発大きい当たりを出していたら、これまた負けていました。

 

そして終わり際にFS/INFINITYがMAXのフリーに入っており、3万枚ほど当たり、ダブルダウンで爆死していましたが、これも10万枚のスペボ+勝利で16万枚の当たりが出ていたら、確実に負けていました…。

 

色々な要素が積み重なっての勝利と、何より終盤の、残り1分で引っくり返したのは、私としても最高に燃えました。本当に楽しい大会でした。参加者の方々、関係者の皆様、ありがとうございました。

 

↓以下、twitterでのレポート↓

 

 

しかし、BSJWのトップラインで7万枚出して3位って、どんだけ大荒れの大会だよって感じですね。出目の美しさではレン氏のトップラインが1位だと思っております。良い意味で予想外の大当たりが続出して楽しい大会でした。