16/10/3 Bayon

猛威を振るっていたTDRからプレイするも、ダブルが死ぬほど通らず、7万枚入れたところで、ようやく2万枚まで叩けて、ここで止めても意味ないだろうと叩く。

 

ディーラーにメロン。

選択ボタンを押した瞬間にキュピィィン!と特殊効果音が発生。

 

 

f:id:boxhako:20161012071034j:plain

プラムの負け揃いで67,392枚返却でした。よりによってプラムかいな…。

 

戻ってきただけ御の字と思うしかない気がします。

選択時の特殊音は、勝ちorスペボ確定っぽいですね。

 

TDR、ダブルダウン枚数が盛り上がってくると、上位スペボにとんでもない数値ばかり並び始めますが、出ることあるんでしょうかね。

 

特にゴールド7は通常ゲームですら揃ったことが無いですし、たまに思い出したように1個出てくる程度でコネクト配当すら受けたことが無いんですよね。並んでもBET×100の割に出なさすぎだと思います。恐らく揃えたら称号貰えるんでしょうけど…先は長い。

 

 

払い出して、不調と噂のオールザットジョーカー。

本当に不調で、MAX40ベットのマシンですが7万枚逝かれました。

 

プレイし始めてすぐに15,000枚くらいまで叩けて、もう1発いけるか?と叩いて爆死したのが全てだったようで、そこからは皆様ご存知の酷いダブル*1を叩かされ続け、がっつりやられました。

 

 

f:id:boxhako:20161012071515j:plain

メインゲームはJO2枚絡みのロイフラが限界。

 

メインで一発出てれば止め時に出来たんですが、カス手ばかりで止め時を作らないという上手い作りですよ。

サクセッシブジョーカーも叩きのプレイングをするとコインが回りにくくなる気がしますし、熱くなったプレイヤーから搾り取るプログラミングがされてるんでしょうか。

 

 

さすがにうんざりして、E-maxJに着席。

プレイするのは、もちろんBSZXで、暴走モード。

 

 

f:id:boxhako:20161012071853j:plain

7488枚を叩いての勝負、そしてこの出目。

ここでJOの手が出なかった時点で、自身の引きの弱さを悟りました。

 

もしも成立してたら、赤7揃いのスペボは10倍なので、74,880枚×?倍。

仮に両方x2だったとしても、299,520枚と跳ねてましたが、皮算用ですな。

 

最終的に17.5万枚マイナスで実践終了。

過去最低の稼動でした。こういうプレイをすると精神的にもやられますね。

この日に溜まった鬱憤が、最低稼動が連続する引き金になるとは、この時は知らなかったのです…。

*1:3に対して2を引く、ディーラーが絵札連発など