18/06/09 「ダブルダブルにB7で乾杯」

シグマやクロンの機種は今でも飽きないが、打ち続けていると、たまには新鮮味も求めたくなってくるもの。そんなモヤモヤの捌け口になってくれたのがサミーの機種だった。重厚なサウンドと筐体の佇まいは、今見てもため息が出るほどだ。

 

そんなわけで、かつてに比べるとサミーのマシンに触れる機会も増えた気がする。大好きな「ワイルドローゼス」もあれば、大嫌いな(爆)「ピュアゴールド」もある。

 

そして忘れちゃいけないのが「タイムトゥスピン」のシリーズだ。このシリーズは種類が多くて把握するのが大変だが、簡単に言えばシグマの「ボーナススピン」シリーズに該当する。

 

BSXを軽く触った後、ふと惹かれるものがあり、久々に「タイムトゥスピン・ダブル」を打つことにした。

 

***

 

いわゆる「BSJD」のサミー版

この「タイムトゥスピン・ダブル」はシグマでいうBSJDだ。センターにJO停止で5回転のFG。フリー中はリール始動時にセンターJOも一緒に回転することがあり、回数付きのJOが出現すれば、その回数だけFGが上乗せされる。

 

 

20betで意気揚々と打ち出してみた85G目、-1,200枚からフリーイン。中身は300枚。お次は87Gでフリーインし、200枚。いかにもなゴーストタイプ・フリーゲーム機の挙動。

 

 

f:id:boxhako:20180701104904j:plain

 

しかし通常ゲームでそれなりに当たってくれるのでメダル持ちは悪くない。3回目のFGへの道すがら、B7のJO1個絡みで100倍が当選。あー良かったと胸を撫で下ろす。

 

3回目のFGは98Gで当選。これが520枚の配当で、300枚ほどではあるが一時的にプラス域に。次に100回オーバーの122Gから4回目のフリーイン。中身は320枚。

 

 

f:id:boxhako:20180701104917j:plain

f:id:boxhako:20180701104924j:plain

 

ここから怒涛の展開で5G、1G、62G、4Gとフリーラッシュ。中身は12倍~28倍とメダル持ちには貢献してくれるが、どうにも弾けない展開だ。

 

 

逃げ切れない「嵌り」の波

ここでシングルマシンを打っている以上、避けることができない「嵌り」にブチ当たる。費やしたゲームは274G、前回FG終了時から2,860枚(BETx143)も削り取られてしまった。こんだけ嵌って突入したFGだし、中身に期待するのは酷だろう。やっぱりね、たったの260枚ぽっちで終了さ。

 

お次も長いこと…139GでFG突入、返しは320枚。そして13GのFGを1回挟み、今度は192Gの長旅。これは640枚とボチボチ。

 

52GのFGを挟んで再び嵌る。168G、返しは240枚…マイナスは6,000枚を突破。

ひゃ~。コレクトプレイでもこんだけやられるからビックリだわさ。そしてこれがシングルマシンの"本性"でもある。

 

 

雲間から光差す

BETの300倍もやられたら、後は消化試合みたいなモノか。

どうせ時間もあるんだし付き合ってやろう。

 

そんな折、隣で「ボンバースピン」を打っている成恵氏の台に激アツチャンス。様子見betから100betに変えてソッコーで、ワイルドテンパイからセンターにボムが投げ込まれ大興奮している模様。チラリと見てみれば、爆弾にナナメ線。うお、マジかよ! ぼか~んと爆発して一撃20,000枚。(

 

うへえ。なんてものを見せてくれるんだ(笑)

そんな強烈な当選が隣で出ている中、目の前のコイツは…と思いつつも健気にプレイ続行だ。

 

 

それにしても、フリー中にセンターJOが回転してくれることが多々あるものの、今の今まで1回たりとも追加されていない。期待だけさせて回数の付いていない「普通のJO」が停止するパターンばっかりでうんざりしてくる。

 

-6,520枚のビハインドから12Gという浅い段階で突入したFGにて、ようやく事件発生。センターJOがしゅるりと一緒に回り始めた。はいはい、またそれか。と思いきや「3」の数字を引っ提げて止まってくれた。おうおう、やっとかいな。3回追加だ。

 

 

f:id:boxhako:20180701104251j:plain

▲ゴーストタイプの一撃と言えば、やっぱこれだね。

 

回数追加が出たことだし、波も上がってくれれば嬉しいが。そんな期待に応えてか、回数追加の次回転で念願のJOJOB7(200倍)が降臨。しかもセンターを介さない下段に完成(笑) あ~~!やっと出たよ!お前を待ってた!

 

 

f:id:boxhako:20180701104807j:plain

 

このFGは5,220枚(261倍)と刺激的な一撃。ありがとう、良い配当です。

 

もうちょいだけ回してみよう。5Gであっさりフリーイン。しかも道中3回追加。さすがに劇的な出目は出なかったが、840枚となかなかの配当。「晩飯を喰いに行こう」とのことで話がまとまったので、キリ良くここでヤメだ。

 

 

「ゴーストタイプ」の恐ろしさ

今更語るまでもないが、やはりゴーストタイプは「出るときはデカい」「飲まれるときは早い」の典型だね。終盤のJOJOB7でドカっと返すあたりがまさにそれだ。

 

アドアーズ新習志野店の来店スロットがBSXなのだが、とんでもない当選()が出たことがある。ローベットでも夢を見られるのは有り難いが…打ってる最中は胃がキリキリするね(爆)

 

「はち考」としては回数の追加がポイントかしら。回数追加できるってことは、それだけ配当を出せる状況なワケだから、波良しゾーンに滞在している可能性も高まる、ような。今回のはたまたまだった気がするけど。

 

それにしてもサミーマシンのジョーカーアクションは見てて楽しいなあ。2段階目まで行ったときに「アゴアゴ!」と思わずにはいられない(笑) 近いうちにまた打てるといいな。

 

 

■データ

「タイムトゥスピン・ダブル」

1,319G/20bet/102m

T.BET:26,380枚

T.WON:25,820枚

P/O:97.9%

収支:-560枚