18/06/16 「レア役フィーバー」

これを書いている本日は「7月7日」、なんとも甘美な数字ですこと。このブログを読んでくれているということは、きっとメダルゲームのユーザーだと思うが、「7」という数字を見てパッと思い出すのは何の機種だろうか。

 

俺の場合はコナミの「サイクロンフィーバー」である。ナナセグの「7」がみっつ揃えばプログレッシブ・ジャックポット。軽快なビートと共に大量のメダルが続々と吐き出される名機中の名機。古いマシンであり、かつモーターが故障しやすいという話もあり、自分の知りうるゲーセンではBayonぐらいでしか遊べないのが残念なところだ。

 

7月7日という日付、そして土曜日という、この組み合わせ。今日もBAYONは盛り上がっているだろう。皆様の素敵なジャックポット報告を期待しつつ、綴っていこうと思う。

 

***

 

海は深い

16日のBAYON。なんだか定番機種に座る気になれない。仕方なく店内をブラブラしていると、昼食を終えて戻ってきたペッパー氏と遭遇。色々と話したいことも溜まっているし、連れ打ちなら楽しめそうだ。何を打ちたいか聞くと「ジョーカーズトリプル」だと言うので、隣の「マリンブルー」に腰を下ろす。

 

コインのボーナスゲームを追い駆けつつ、20betでデータを採る。1,200枚喰われた163Gでようやくコイン2個からボーナスゲーム。ペッ!と吐き出すように200枚が表示されて1ラウンドKO。いきなり空気が怪しい。

 

お次も残念なことに100Gを越えた。107Gで2個からボーナスイン。今度は640枚。続けて浅い38Gで突入するも200枚。さらにまた嵌って183G、400枚。この時点でマイナス2,500枚。

 

ここからは2桁Gでボーナスインし続け、5回目のボーナスで1,000枚とようやく4桁HIT。10回目のフリーで5R継続し1,040枚のHIT。12回目で3R継続の1,200枚。

 

極端に減りはしないが、モミモミし続けている状況。ここいらで一発…と望むも、14回目で再び嵌りの波。185Gと流されるも、6R継続し1,400枚ときた。70倍だが嬉しい当選。

 

 

しかし調子良くはなさそうだ。ペッパー氏に「あと1回ボーナス来たらやめるよ」と踏ん切りをつけたは良いが、そのボーナスゲームが一向にやってこない。100G、200G、300G…本日の最大嵌りに突入。ここいらまではシングルマシンではよくあることなので涼しい顔をしていたが、400G、500Gと嵌りは終わる気配を見せない。さすがに冷や汗が出てくる。

 

途中でヤメても良かったが、データ採取の都合上、この手のマシンはフィーチャーインしたところをヤメ時にしたいという気持ちがある。嵌りはするが通常ゲームでDOUBLE絡みの当選がよく来てメダル持ちは悪くないので追いかけてやるとしよう。

 

やっと来たのは驚きの658G。さすがに嵌りすぎである。1RでKOながらも800枚の配当だったので許せる気分。あばよとブン投げて移動だ。マイナス4,480枚。(

 

 

果物の時間

ううむ、移動するにしても何を打つべきか。そういえば、この前の「チェリータイム」は新鮮な気持ちで打てたな。ということで同社の「バーメイト」に移動し「フルーツタイム」をチョイス。チェリーは4個以上で5回転、オレンジ・プラム・スイカは6個以上で3回転のフィーバーゲームに突入する、フルーティーなマシン。

 

20betで実践スタートだ。しかしこの機種、フィーバーゲームへの突入が重い印象があり、あまり良いイメージは無い。予告演出に「ロゴフラッシュ先読み」が搭載されているが、それもことごとくスカっていたような…。

 

 

1発目のFGはあっさり14回転で仕留めた。チェリーフィーバーに突入。これが7個固定してくれて1,099枚の配当。良い滑り出し。お次に76Gから再びチェリー。これも7個固定するも、さっきより低い737枚。

 

 

f:id:boxhako:20180707185458j:plain

 

3回目への道で嵌る。235G費やしてチェリーフィーバー。嵌ったから中身ショボいんだろう?その通り、5個固定の414枚。しかしここからお詫ビーム発射。11Gでチェリーフィーバー、これが8個固定まで駆け上り2,169枚と100倍オーバー。マイナス1,000枚を叩き返す。(

 

933枚のアドバンテージをキープして、あっさり9Gでオレンジフィーバー。チェリー以外のフィーバーは最低6個から突入するので成立しにくいのだが、珍しい。これは6個のまま終了し526枚。

 

ここで事件発生。前回のフィーバーゲームから61G目、トータルでは406G目にレモンが8個停止。リスピンチャンス発生。これがモノになり200倍(=4,000枚)の配当をGET。プラス域に居たので4,000枚をそのまま上乗せする形になる。は~愉快だ。(

 

あ~いいねえ。この「ノッてる」感じ。こういう流れこそメインゲーム打ち冥利に尽きるよ。オールレモンで吐き出したせいか少し嵌るも、161Gでチェリーフィーバー、中身は5個で480枚。

 

 

夏にふさわしい"JACKPOT"

f:id:boxhako:20180707185522j:plain

 

その後、チェリーフィーバーを2回挟んで、レモンの浮き分をキープしたまま回せる「メダル持ちの良さ」に感動しつつ遊んでいた96G目、いつも通り早止めで進めていると、何の予告も無しにスイカが6個鎮座している。思わず「へっ!?」と声が出る。画面に表示される「W.MELON FEVER」の文字と飛んでくるスイカ(笑)

 

何を隠そう、「フルーツタイム」で一番アツいフィーバーゲームがこの「ウォーターメロンフィーバー」である。ANY8で200倍、ALLなら夢の1,000倍だ。前々から引きたくて仕方なかったが、まさか無予告で落ちてくるなんて…。

 

チャンスは3回転。6個からのスタートなので気合も入る。さあ、緊張の1回転目…全リールスロー演出。「ハイハイ、これって来ても1個なのよね。」とか期待せずに見ていると、2個追加だってさ!うお!いきなり200倍とライン配当GET!! インフォには「4,500WIN」の文字。最低でもこれがあと2回転は確定したんだからタマラナイ!(

 

 

あと1個で夢のオール、1,000倍だ。倍増券を利用するためにクルーのSA氏を呼んで見守ってもらい、残りの2回転を消化。残りの1リールを穴が開くほど見つめる。2回転目はペシッとチェリーが止まりハズレ。3回転目…一度ハズれるもリスピンチャンス。超絶スローなリスピンに期待するも、ツルリと滑ってハズレ。無念なり。(

 

 

f:id:boxhako:20180707185638j:plain

 

しかし1回転目の2個追加が良すぎた。凄く燃えたし、トータルでは700倍(=14,000枚)のBIG HITだ。俺自身としては文句の付けようがない良いフィーバーゲームだった。「ありがとう」と心の中でお辞儀をして、AP。

 

 

「無予告」が上手い

一番期待できるフィーバーゲームなのだから、予告付きで来るのが当然だろうと思っていたが、良い意味で見事に裏切られた。無予告で突入するこのアバウトさ、単純な「予告待ち」じゃないのはやっぱり良い!

 

プラス域のままレア役でのフィーバーゲームも見れて、一気に突き抜ける楽しい実践となった。ああ、またこんな展開で打ちたいよなあ…。

 

 

■データ

「フルーツタイム」

693G/20bet/120m

T.BET:13,860枚

T.WON:31,790枚

P/O:229.4%

収支:+17,930枚