18/06/23 「ぼわんと一撃、それと連れ打ち」

6月の23日から3日間、月曜休みも取れたおかげでどっぷりBAYONに浸かっていた。残りの倍増券6枚を見事に消化し終わり、倍増券24枚を抜いたとしても、微々たるものではあるが開始時よりもプラスで終われたのだから、気分が良い。

 

プラスになった枚数は、たったの652枚ぽっちだが、7回ガッツリ遊ぶ実践を耐え切ってのこの結果は、大勝利と言っても差し支えない。シングルマシンを打ち込む以上、それなりのマイナスは覚悟すべきだし、そもそもメダルゲームとはマイナスになって然るべきモノなのだから。

 

***

 

全然"ピュア"じゃねえ。

23日の土曜日。「チキチキ」を打っている鬼子氏を発見。そういえば鬼子氏とはじっくり肩を並べて打ったことが無いなと思い、挨拶もソコソコに隣の「ロイホネクスト」に着席…するも、いつの間にかプレミアユニットが外されていた。いつからか画面も暗いし、ゴールドメダルを手入れしてからプレイするモチベは流石に無い。

 

では仕方ない、とさらに隣にある「ピュアゴールド」に着席。このマシン、煮え湯を飲まされた記憶しかない苦手なタイプ。手持ちに余裕が無ければ100%打たない台であるが、たまにはよかろう。

 

 

鬼子氏とのトークに花を咲かせつつ、いつもの20betで打ち始める。おお、なんだ!?妙にフリーが軽いじゃないか。9回目のフリーまでの最高嵌りが、たったの67回転。平均すると32Gに1回のフリー突入率。こんなのピュアゴールドじゃない!(どんだけ信用してないんだよ)

 

しかしフリーは軽いが中身が伴わない。とにかく「金塊」が増えないのだ。ほとんどが2個終了、たまに3個、そしてたったの1回だけ4個まで増えたが、それでも23倍止まり。当然クレジットの減りは早い。

 

 

f:id:boxhako:20180707201659j:plain

▲ピュアゴールドにありがちな嫌がらせ出目

 

そして10回目への道程で本性を現す。235Gの嵌り、前回から2,000枚削られる。中身は3ぴゅで340枚。マイナス5,000枚で迎えた12回目のフリーは175Gで4ぴゅの500枚。ハイハイ、本日も"POOR"なGOLDでありましたか。トータル759Gでブン投げる。マイナス4,500枚なり。

 

 

「裏」でぼわっと。

さて、初っ端でマイナスを喰らったが、何を打とうか。あてもなくブラついていると、ポーカーコーナーにテスラ氏とカメ氏の姿。ふぅん、じゃあたまには「ジョーカーポーカー」でも打ってみようか。おもむろに2,000クレジット投入。40betで遊んでみる。

 

様子見のつもりでプレイしてみたが、裏の調子がすこぶる良いじゃあないの。ハーフ爆死も有りでクレジットの状況が非常によろしいぞ。こんなに楽しく叩けるのも珍しいなと思いつつ、4桁ダブルでピカッと光る。ディーラーはA。この「ジョーカーを引きハズしたら死ぬ」デッドオアアライブ感、いいよねえ(笑)

 

ハイ、引きハズして爆死。次だ次。

 

下位クアッズのトンネル付きで800枚当選。これが3,200枚まで駆け上がったので、ハーフしてみる。成功。もっかいハーフ。成功。

 

合わせて6,400枚持ってるワケだから、ここでコレクトすればピュアゴのマイナスは消し飛ぶ。むしろプラス。う~ん…と少し考えたが、この流れなら通してくれそうな気がする。そのままダブルとはいかず、保険でハーフにしてみよう。さすれば、ピカリと光る背景。ディーラーの数字は…「4」!う~む、アッツアツ…。

 

 

f:id:boxhako:20180707204134j:plain

 

どこを選んでも結果は決まっている気がするけど、4号氏の当選が頭をよぎり、それに倣って一番左(ディーラーの横)を選択。タッタッタッ、ぼわ~ん!鳴り響く銅鑼の音!トンネルx3で12,800枚の当選!これがあるからWTJのスタンダードは面白い。

 

ありがたく撤退だ。+11,860枚なり。

 

 

チェリーなタイムに浸れず、流れ着く先はデライト。

プラスになったことだし、気分良くBARMATEに着席。この前の「フルーツタイム」が面白かったし、今度は「チェリータイムⅡ」を遊んでみるか。

 

 

f:id:boxhako:20180707211205j:plain

▲「WILD」扱いのゴールドチェリーのデザインがお気に入り、なのだが…。

 

3回チェリーフィーバーに入るまで遊んでみたが、「フルーツタイム」と同じ系列とは思えないくらい、演出がクドすぎる。たかだかBARやセブンリーチでスロー煽りをかけてくるのはテンポが悪すぎだ。

 

しかもリーチ演出に発展したからといってハズレが大半。フィーバーゲームは"WILDチェリー"シンボルの存在で「フルーツタイム」と違った雰囲気を楽しめるだけに、そこが残念。+377枚で撤退。

 

 

f:id:boxhako:20180707211224j:plain

▲B7は30倍、センターx2で60倍。

 

鬼子氏が今度はマルチワイロに勤しんでいたので、お隣拝借。マシンは「タイムトゥスピン・エクストラデライト」。

 

センターのジョーカーアクションを見ながら「これ来たでしょ!」「来ますかねぇ!?」とワイワイやりつつ、とあるフリースピンでJO-B7挟み。倍率に期待…x2ですってさ。x1回避でOK。が、この後のフリーで再びB7テンパイするもセンターx1が出現(笑)

 

ダブルダウンでディーラーJOの状態で1BARが揃い、期待して見つめているとディーラーJOに「x1」が表示されてズッコけたりと、ひとしきり盛り上がるも収支は残念!マイナス4,000だか6,000だかで撤退(データ採ってなかったので忘れた)

 

 

久々じゃあないかい?

下のエリアに降りて、「BSZ」に行き着く。まったり25betで打っていると「お疲れ様です~」との声。おお、K氏じゃないの。

 

K氏とは、Bayonで知り合った仲。デソレイトでMMJRを打っていたときに「あの~、はちさんですか?キャットハウスでトップライン出ましたよ!」と声を掛けてもらい、そこから一緒に連れ打ちしたり、メダルトークをするようになった。こういう繋がりが長く続くことって少ないような気がするが、今でも繋がってるんだから有り難いものだと思う。

 

そんなK氏も隣に座り、彼とは久々の連れ打ち。こちらもトークに花が咲く。

 

 

f:id:boxhako:20180707212610j:plain

f:id:boxhako:20180707212619j:plain

f:id:boxhako:20180707212626j:plain

 

それにしても、このゼットくんの遊ばせてくれること。25betなのにハーフ連打や振り切り達成もありで満足感たっぷりだ。隣のK氏も高倍率フリーでベルがたくさん出て一発振り切りをやらかしてくれて、もう興奮しっぱなし。ああ、楽しい…。

 

 

f:id:boxhako:20180707213300j:plain

▲この後、同一フリー内でもっかいR7が揃ってくれて大満足。

 

BSZは振り切ったピークで気持ち良く終え、BSJWに移動し、R7揃いを堪能。

 

路銀は稼いだ。今日はもう満足だ。プラス域の中でFT3を打ち込み、3時間ほどプレイ。34球投げてJP無し。-1,591枚だったが最後まで気分良く楽しんで終了。

 

 

結果

色々打ち散らかして、1日目が終了。倍増券の消化も進み、+6,882枚で実践を終えた。

WTJの偶然が無ければマイナス終了だったな。それにしても楽しい1日だった。連れ打ちしてくれる仲間に感謝。