18/10/20-21(土/日) いわゆらなくても4JO

2018年10月20日(土)

B-1GP1週目の開催日。イベント自体には参加しないので、ゆっくり家を出て、10時40分、B店着。ロッカー付近でカメ氏と遭遇し、軽い雑談の後、ホープでメカスロを打つ。俺はフリーンダブル、カメ氏はスモーキンセブン。

 

 

f:id:boxhako:20181028190105j:plain

トリプルセブンにダブルワイルド1絡み/1,000枚(BETx333)

座ってすぐに出た。最後のDOUBLEが飛び込んだ瞬間、2人で「あっ!」と声が出た。

 

思わぬぼた餅があったので、すかさず台移動。デビルスピンに大カップ1杯ほど餌付けしてから、背後の「ダブルインパクト」に移動。こちらは急激に下る一方で、調子は悪い。とはいえ3BETマシンなので、気楽に回し続ける。

 

 

f:id:boxhako:20181028190512j:plain

ブルーダブル・ブルーダブル・セブンで480枚の当選(BETx160)

 

これは嬉しかった。しかし未だに上位図柄でトンネルできてないんだよなぁ。

自己最高は2BARのトンネル絡みで5倍を引いて800枚の当選。

 

後はデソレイトで色々打っていた。

 

 

f:id:boxhako:20181028191420j:plain

座って1G目の奇跡。メインでJOJO-Q揃いなど諸々の配当を叩いて予想外の儲け。

 

 

f:id:boxhako:20181028190933j:plain

出たよ4JO(BETx467) 倍率ハイスコア達成。

あるめ氏とターフ氏に挟まれたマシンで炸裂。R7が無いと悲惨なことになる。

 

 

f:id:boxhako:20181028191051j:plain

3JOにJACK-ANY7など。一撃4,348枚(BETx255)

 

下デソの100万アルチ。座って1Gで8,000枚ほど儲かったので、17BETにダウンしてローリスク戦法。妙に調子が良く、ステップアップダブルが効くこと。表でも裏でも稼げる理想の展開。

 

手持ちもブチ込み、18,000クレから35,000クレまで伸びるも、そこから急激に失速。30,000クレまで落ち込んだため、眠りについたと判断し*1、アルチは終了。BSJDに少しだけ飲ませてカット。

 

 

隣であるめ氏が「マルチプライヤー」でクソほど負けてるのを見届けつつ、終電のため離脱。色々と楽しい話ができて充実していた。

 

上デソの殺伐アルチでもJOJOB7炸裂と裏での振り切りが決まり、アルチのおかげで万枚のマイナスを跳ね返してプラスで終わった。

 

BAYON

+13,249枚=4,637円の勝ち。

 

***

 

2018年10月21日(日)

B-1GP2日目。昨日帰りに食ったトンカツのせいで胃がもたれるが、何も食わないのも良くないので、途中のファミリーマートで鮭おにぎりを1個買って空腹を黙らせる。ロピアで無糖紅茶とコーヒーを買ってB店着、10時15分。

 

 

実を言うと、この日の記憶は既にあやふや。クソみたいな挙動のマシンを相手にクソほど負けた記憶しかないので、自己防衛反応なのか、どうも記憶が薄い。

 

覚えているのは、赤マルチのJDjrの挙動がとにかく最悪で、どのマルチで打っても何の面白みもなく負債を増やして、ブチギレモード*2に突入したということ。

 

途中でプレイした「スーパーホットセブン」でホイールが1,000に止まる勢いで回転したのに、急激な減速で50に止められたところで完全に歯止めが利かなくなる。

 

 

f:id:boxhako:20181028193423j:plain

「間」があったけど、Ghostは出てこなかった。所詮はそういう日だったんだろう。

 

りょー氏の隣で赤マルチ搭載の3機種を打つも爆死。「サーフィンUSA」に移動して5,000枚投入してみるも、ハーフ爆死のみで全飲まれ。「まあ遊べたからいいかな」とか言葉に出してみるものの、内心では全く納得していない自分が居る。

 

 

時間だけが過ぎ去り、早くも終電が近づいてきた。シングルマシンを打ったことがある人なら誰しもが体験しているであろう「何を打っても負ける気しかしない」状態。

 

本来なら、ここで引くのがベストだろう。だが、いつだか「時間が無いときはプレイするな」と書いたはずなのに、どうしても気持ちに収まりがつかない。

 

「次来るのがだいぶ先になるならば、今日のうちにやりたいマシンをやりたいように打ちたい」「残り時間で爆死したところで、20万枚は残る。ならば勝負に出た方が…」と、どうしようもない考えで、色々なマシンにメダルをバラ撒く。

 

最後は「ゴーストEX」で150BET~200BETという、初日の8~10BETが嘘のようなプレイを露呈。チラチラ時計を気にしながら、焦ってリピートボタンを連打する。結果、28,000枚からのハーフという大チャンスで爆死して、クレジットを全て飲ませて終了。

 

 

だから時間が無いときはプレイするなと言ったのに、どうしてこうも守らないのか。前2日をプラスで終えているという利点を放棄するプレイ。我ながらどうしようもないプレイに恥ずかしくなる。これはとても「納得できる負け」とは言えないだろう。反省。

 

総武線快速に激しく揺られて、吐きそうになりながら帰宅。

 

BAYON

-85,739枚=30,009円の負け

*1:どうやらまだ眠ってはいなかったらしく、次の日に某氏がトップラインと4JOを炸裂していた。う~む、分からんもんだねぇ。

*2:自分の意思でそのマシンをプレイしたのに、負けると腹が立ち、負けを取り返さないと気が済まなくなる状態のこと。典型的な破滅思考。