B店実践:18/12/01 FIVE JOKERS

1ヶ月以上、メダルを握っていなかった。B-1まではメダルはいいかな、なんて思っていた。しかし、心の中ではひっそりと、そして着実に、2つ目の「デンジャーランプ」*1は点灯し、警報を鳴らし続けていたのである。 


麗らかな日の差し込む土曜の午後、気がつくと東京行きの電車に飛び乗っていた。心の中で3つ目のランプが点灯した瞬間。

 
***


ふじみ野駅に着く。既に街が夕焼けに飲み込まれつつある。線路沿いからショッピングモールを抜けて、16時43分、B店着。荷物を預けにコインロッカーに向かうと、奇跡的に1台のみ空いていた。幸先良し。

 

いつもの坂を上ってみれば、マルチワイロを打っている鬼子氏に遭遇。それならばと、隣のドッギートリーツに腰を下ろす。1万クレ投入で25BET。

 
本日のワンちゃんの御機嫌は如何なものかしら? 結論から言えば、ダメダメ。フリーも重いし、ホットドッグも演出が発生するのみで、3個揃わない。残り5,000クレから50BETに切り替えて、申し訳程度にフリーが1回発生したのみで、全飲まれ。初っ端からマイナス1万枚。

 

 

f:id:boxhako:20181204203331j:plain

ドッギーの見所は「YES!!」のみ。

 
鬼子氏が黄バラで散ってするりと帰り、18時。さて、どうしようか。周りを見渡すと、パワーエーシズを打っているテスラ氏と、ウィンアロウを打っているターフ氏を発見。真ん中のマルチタイムズダブルがぽつりと空いて悲しそうにしている。マイナスだからこそ、まったりとポーカー。なるほど、そういうのも有りか。挨拶もほどほどに腰を下ろす。


これが吉と出た。座ってすぐに、180枚のダブルダウンから、セーブも挟みつつ、オールインの回でジョーカーを引き込み2倍付け、12,960枚のHIT!これは良い出だし。こうしてサクッとプラスに持っていけると、じつに安心感がある。

 

 

f:id:boxhako:20181204203430j:plain

道中にもJOKER引き込み有り。しかも10に対して全勝ちとは、出来過ぎ。

 

さあ、裏ではやることはやったぞ。後は表での良き出目に期待したい。さすがに裏も通らなくなり、緩やかに下り坂を歩んでいた矢先、JO含みの4JRFから、さらにジョーカーを引き込んで4倍付けのジョーカーロイヤルフラッシュ。その後、ようやくのトリプルハンドらしい出目が配られる。3倍ジョーカー絡みのストフラ。

 

 

f:id:boxhako:20181204203512j:plain

片方でも回らなかったら半額プライス。

 

 

f:id:boxhako:20181204203542j:plain

先にx3になってくれた安心感。

 

この後は残念ながら本気の下り坂になったので、1万クレでカット。マルタイダブルで+5,000枚。時刻は19時。

 

マルタイダブルを打っているとき、とものぶ氏、りょー氏、ミッキー氏が飲みから戻ってきて、下のエリアに流れていったっけ・・・そんじゃ、俺もここらでシグマルチタイムといきますか。


壁際のシグマルチコーナーに、右端からミッキー氏、とものぶ氏、りょー氏。有難いことに、左端の赤マルチが空いていたので着席。選択はJDjr、今日は25BETの気分。


さて、前回に散々な苦渋を舐めさせられたJDjr。さすがにサックリと、とは行かなかったが、30分程度叩き続けて、60WINからSUD*2が見事に決まる。1,920枚からのオールインでJO引き込み。2連続でJOを引く、やる気満々のパターン。

 

 

f:id:boxhako:20181204203829j:plain

このBET枚数からの万枚は、喜びもひとしお。


アドバンテージは作った。ここからは気楽に遊べそうだ。とはいえ、万枚も出したら、さすがに裏は凍る。緩やかに下りつつ、念願のトップラインが飛び込む。

 

 

f:id:boxhako:20181204204106j:plain

4JO with トップライン! 上中のJOが最後に飛び込んできた。


これが出る前に、ミッキー氏もJOJOB7絡みの4JOで80BETから2万枚レベルの当選を出しており、「今日のJDjrでは見たいものは大体見れたな」と満足感を得ていたのだが、こんなものはまだ序章に過ぎなかった。

 

 

隣の赤マルチを打っていたりょー氏が、あまりの挙動の悪さに離席。手持ちの台も、トップラインの後は盛り上がりに欠ける動き。ここは移動の一手。8,000枚のプラスでカット。


隣の台に移動しようとしたところ、カメ氏が「お、空いたの?」とやってきた。だが、妙にこの台に惹かれるものがあるので「俺こっちに移動しようと思ってるんだけど、やっていい?」と了承を得る。

 

とものぶ氏から「ミッキーさんの台も空いてますから、こっちも有りですよ」と誘われるも、MAX80で4JO with JOJOB7なんて強烈なモノが出た以上、追うのは違う気がする。よって、ここはりょーくんの座っていた台に決める。この選択が、この日の全てであった。時刻は20時30分。

 


さて、御機嫌いかが、2台目のJDjr。はっきり言って、挙動は最悪。表もダメだし、裏も話にならない。まんま、りょー氏が打っていたときの不調な挙動の続きをやっているよう。そんな折、隣のとものぶ氏が、4JO with B7を出現させ、8BETからのメイン一発振り切りに沸き立つ。

 
その余韻もありつつ、画面を撮影する彼と「そういや、前回連れ打ちしたときの、裏でトップラインが出たJDjrも挙動が最悪だったよな。あんな状況から出るんだから、シングルマシンって分からんもんだよ。今日も似たような動きなんだから、また強烈なのが出たりしてね」なんて

 
そんな話をしていた、まさにそのとき。

 

真ん中、右中、右下。

ジョーカーが3枚止まるのが見えた。

ああ、3JOか。と思った。

 

さらに左下にJOが顔を出した。

ああ、4JOでも並びが悪いと安いからな。並んでないし。

 

そして最後の2リール・・・まさに同時に。上中にブルーセブン。下中にジョーカー。

すっぽりとハマった瞬間、「あ、キレイだな。」と思った。

 

 

f:id:boxhako:20181204204139j:plain

FIVE JOKERS with B7(BETx3,430)

セブンのANY6が100倍(2,500)、そこにJOKERが5枚(*32)

ANYのSPECIAL BONUSのみで80,000枚の当選となる。

 

左下に表示された8万枚という数字を見て、事態を把握。隣のとものぶ氏が興奮して叫んだのが耳に残っている。忘れもしない21時15分。当然ながら、SIGMA機でのメイン倍率、メイン枚数の自己ハイスコアを更新。

 

そんな余韻を残しつつ、残りはBSJWを打って、プラマイゼロでフィニッシュ。満足感しかない素晴らしい日となった。


今年のJP4選はとうに決まったものだと思っていたが、最後の月、ここぞで食い込んでくるとは。メダルゲームって本当に分からないものだ。月初めというのもあり、BTH*3に食い込んだので、13,000枚分のダブル補償券も獲得し、とものぶ氏と、気分良く退店。閉店コース。 

 

(★8月末にJDjrの裏でトップラインを出したときも、隣で打っていたのは、とものぶ氏だった。これは偶然か、それとも…。)

 

***

 

●B店

+81,415枚

28,495円の勝ち。

*1:オーガスの「ファイナルエマージェンシー」における演出で、3個のランプが全て点灯することで、フリーゲームに突入する。

*2:ステップアップダブル方式。ほどほどの枚数になったらハーフとオールインを繰り返す戦法。

*3:BIG TREASURE HUNTER→B店におけるシングルマシンの月間ランキング