B店実践:18/12/16 A-1GP

2日目のB-1は不参加ながらも、朝からB店へ。

10月のB-1時は、下のエリアでカメ氏とM-1GP(メカスロ-1グランプリ)を開催していたのですが、今回はりょーくんとA-1GP(オーガス-1グランプリ)を開催。彼は「ファイナルエマージェンシー」そして私は「ハイドアンドシーク」。

 

りょーくんのエマジェンで、x7時にWILDテンパイからB7が飛び込む瞬間を目撃し、思わず叫んでしまう。だってライン350倍だもの。すげえよコレは。

 

そして私のハイエンシー。

 

 

f:id:boxhako:20181228081118j:plain

4回継続で姫様がx14まで成長(BETx283)

f:id:boxhako:20181228081200j:plain

1回継続の10Gで全て姫様が登場しx10に(BETx273)

x14の方でクレジットが潤うも、そこから嵌ってマイナス域。

そして後者のx10フリーが出現し、プラス域に返り咲いたので、そこでヤメ。

4回継続はかなり珍しい部類。3回継続ですら滅多に見れない(はず)

ハイエンシーで+2,080枚。

 

 

f:id:boxhako:20181228081452j:plain

クックック…(何故かUP2筐体に入っているスキャファンより)

あるめ氏が来たので、ターフ氏、りょーくんと共に昼飯を食う。

B店に戻って、あるめ氏(FDデューシーズワイルド)、私(スキャファン)で連れ打ち。

 

これがなかなかに楽しませてくれる挙動で、あるめ氏とのトークに華を咲かせつつ、まったり遊べて満足。最終的には少しマイナスだったような。裏でスキャファンテンパイが何度も見れて、なかなかアツかったです。

 

 

f:id:boxhako:20181228081723j:plain

JO入り1BARスペボで万枚!

この後は、間でBSZを少し打った程度で、ずっとシグマルチ・タイム。

しばらくBSJDで粘っていたのですが、上の当選のあとは下ってしまい、しぶしぶアルチに変更。

 

ここで別の青マルチでアルチを打っていたとものぶくんが「先に3JO出せた方が勝ちの勝負しましょう」と言い出し、なるほど面白いと思い、話に乗ることに。これが運の尽き…。

 

出ない、出ない、出ない。

3JOってこんなに重かったっけ?というぐらい、出ない。

というか、裏もキツすぎる。でもまあ、連れ打ちだし、いいか。楽しさ優先。

 

 

f:id:boxhako:20181228082114j:plain

クソ嵌りの中でようやくの3JO KのANY5とB7の恩恵有り。

これが出たときには気力が枯れ果てていたので、「3JOキター!」というよりも、「あぁ、出たか。疲れたなあ…」という気持ちが大きかった。なんでそんな状態でシングルマシン打ってるんですかね?それは我々がメダル廃だからです。

 

 

f:id:boxhako:20181228082257j:plain

JOJOR7も出現

ず~~~っと見れなかったJOJOセブン系も出現。

これはさすがに波が良くなったに違いないとMAX80BETを決行。

 

鬱憤がたまると、何かと理由を付けてMAXBETで取り返しに走る、悪い癖。

MAXに上げたところで調子が良くなるわけでもなく。

(*後日、マルチプライヤーでも同じ失敗を犯す)

 

 

f:id:boxhako:20181228082502j:plain

3JO with B7で振り切り

右下のB7が居てくれたら、どんなに救われたか…。

 

 

とものぶ氏も恐ろしいぐらい振るっておらず、二人で死にそうになりながら退店。

マイナス終わりではあったけれど、「二人で最後まで打ち切った(戦い切った)」ことに意味を見出したい。

 

***

 

●B店

-37,920枚(11,755円の負け)

 

この頃から、アルチの3JOがいかに貴重なのか噛み締め始める。

何人が代わる代わる打ち込んでも、3JO嵌りが15時間ほどに及んだこともある。

並ばず3JOなんて、大した配当でもないのに…。アルチの3JO出現は調子のバロメーターとしてチェックしていくべきかもしれない。