2019年6月23日② "DOUBLE DOWN"

<続き>

BSZ,WRGと調子良く展開して、29,000枚はアドバンテージがある。

ここは守りの一手。下デソの青マルチも空いていることだし、アルチのデータでも取ることにしよう。と、右側の10万リミットに着席。

 

 

f:id:boxhako:20190714144200j:plain

7番ラインにマンジュミッツ(BETx161.8)

プレイ開始1時間20分、7番ラインに「ヒトを狂わせる毒まんじゅう」が3個。

JOJOB7とは格段に違った気持ち良さがあるのがトップライン。

 

 

f:id:boxhako:20190714144553j:plain

2JO+Qany6(BETx60.2)

5番ラインのJOJO-JACKも含めて、並びがとても良い形で1Kオーバー。

 

 

f:id:boxhako:20190714144728j:plain

ダブルダウンでマイナス補填

振り切りを狙いに行かず、細く長く遊ぶスタイルを維持。

これが吉と出たようで、次の当選に繋がる。

 

 

f:id:boxhako:20190714144827j:plain

JO引きのJOJO-JACKで、きうきうはちよん!

先の4K当選から25分で、この当選。

これでマイナスを吹き飛ばしてプラス域に舞い戻る。

17ベットからの9,984達成はシビれるねえ…まだまだ遊べるぞ!という喜びもある。

 

この後は回収ムード。大した当選も出ずに、100Gごとに1,000枚程度ずつ削られていく。なんだ、いつもの流れに戻ったか。と肩の力を抜きつつ遊ぶ。

 

そしてクレジットが86,000枚(マイナス4,000枚)になろうかというところ

 

 

それは

 

あまりにも

 

唐突に

 

来た。

 

 

 

f:id:boxhako:20190714145354j:plain

f:id:boxhako:20190714145403j:plain

184枚からの叩き上げ中、1,472枚からのオールイン。

JO挟みのR7揃いで40倍スペボ炸裂! その結果が61,824win(3,636.7倍)である。

 

唐突に来たJOテンパイ、「何かが止まるのは分かるが何が止まるのか分からない」状態、そこからのR7降臨、左上の5桁欄の反転、ダブルダウンの醍醐味を強烈に味わう一撃となりました。

 

この「裏で一発事故って、大きくプラスで実践終了」ってのは、17ベット選手権開始時から夢見ていたことなんですが、ついにこの手に落ちてきました。

 

 

ほどほどに余韻を楽しんだ後、終電までは打ち切ることに。

裏はもう満足すぎるので、ただひたすらに、コレクトプレイに徹する。

 

 

f:id:boxhako:20190714150130j:plain

Kany6(200)*2*8=3,200枚 アルチの王道JACKPOT!!

まだ枯れてないらしい。ここに来て、BETx224の当選。

3JO参上からの、キング3個で嬉しい200倍オーバー。

 

 

f:id:boxhako:20190714150415j:plain

3JOにJQK(BETx73.8)

さらに14G後に、また3JOが出現。

これでクレジットがプレイ開始に戻ったので、アテンダントした分は丸々プラス。

ここで止めれば後腐れは無いけども、収支よりも試行回数を優先することに。

 

 

さて、上記の当選を出したのが22時15分。

そこから23時40分、限界ギリギリまで粘って得られた当選が1本!

 

その当選とは・・・!!

 

 

f:id:boxhako:20190714151029j:plain

JACK「俺やでw」

クソ雑魚エニー配当くんな3JOでした。良いオチが付いたな。

10万リミットのトータルゲームが41,000回に乗せられたので、やった甲斐はある。

 

●あるちーめいつ(新ROM)

ゲーム数:3,400G(390分)

収支+57,863枚(P/O率 200.1%)

 

***

 

●B店

+89,056枚(27,608円の勝ち)